top of page

色鳥々の未来


色鳥々の未来

毛利田有人「色鳥々の未来」

命がひとつでないならば 個性も多様にあるだろう

ひとつの色が素(もと)となり ふたつの色が合(ごう)となる

みっつの色が彩(あや)となり 混ざった色は味(あじ)となる

ひふみでひとつの夢が成り ひとつの夢に色あせる

僕らの夢はなんだろう 色々想像してるけど

色々在ってわからない 未来はそれだけ不確定


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page